HOME>トピックス>着手金と成功報酬を払うことになっています

目次

前もって調べて

自己破産をする場合、自分で全てを行うのではなくまずは弁護士に相談するという人も決して少なくありません。その場合、弁護士費用として着手金と成功報酬を払うというのが一般的となっています。着手金とは仕事をプロに依頼したときに支払うお金のことで、契約した後に送金する形が多く取られています。相場としては大体20万円から40万円くらいとなっていますが、この金額はどこの法律事務所に相談するかでも大きく変わってきます。また結果の成功の程度に対して支払う費用のことを成功報酬と呼び、これに関しても大体20万円から40万円程度がその相場です。このようにプロに依頼して自己破産をする場合はある程度の費用が発生することになるので、前もってどれくらいの金額か調べておきます。

自分で行う場合

自己破産自体は弁護士や司法書士に依頼しなくても自分で全ての手続きを完了させることも実際には可能です。債権者一覧表を作成したり、必要な書類を用意したりし、裁判所に申し立てをして書類を提出する形となっています。この場合、費用としては弁護士などに依頼するときとは違い着手金は必要ありませんが、収入印紙代、切手代、予納金を用意することになります。

払うことができない

自己破産を行う場合は、その内容や依頼したところに合わせて費用を支払うことが基本となっていますが、なかなか払えないということも少なくありません。その場合は、法テラスを利用するほか、自分で全ての手続きを行う、さらに弁護士費用を分割で支払うなどの方法を選ぶと費用の一時的な負担を軽減することも可能です。

広告募集中